Lake-side Wanderer

カテゴリ:Fly Rod( 15 )

South Bend Outdoorsman Pack Rod

d0145806_19114769.jpgサウスベンドのフライロッドが欲しかった。
パックロッドが欲しかった。

つまりはその2つの願いが同時に叶った。

フライフィッシングタックルの持ち重りの無さ。

何処かに行くとき、何処か釣り以外の目的で行くときに、
僕はそっと竿とリールとフライを忍ばせるだろう。

嗚呼、素晴らしきパックロッドの世界
[PR]
by strum0411 | 2011-06-10 19:13 | Fly Rod | Comments(0)

Eagle Claw Featherlight Fly Rod

d0145806_20272912.jpgd0145806_20273773.jpg












僕は Wright & Mcgill という老舗は好きだし、その割り切った感のイエローブランクにむしろ好感を持っているのです。
はっきり云って安物フライ・ロッドなんです・・が、これで良しとしてしまうとなんとリーズナブルなタックル装備。
もちろん、価格が安いからフライラインがループを描かないなんて事はない訳です。そこがミソ。
フライロッドのような物・・であれば、僕はそれを見抜き、特に所有していたいなんぞ思わないでしょう。
日本のフライショップにコレ置いてあるのついぞ見た事ありませんが、やはりFFとは高級志向が主流なんでしょうか?
こういう、初めから細部探求と明らかに一線を画す路線。日本のフライフィッシャーに合わないという事でしょうか。
少なくとも子供向けには、いいと思うけどな。あ、子供がうん万円もするフライ・ロッド使ってたりするのかな?
僕はこれでFF、十分楽しんでいるよ。
[PR]
by strum0411 | 2010-12-02 20:48 | Fly Rod | Comments(0)

Heddon Pro Weight 8385-8'

d0145806_22503351.jpgプロウィエイトは凄い!
何が凄いって、ちょっと技術革新したんじゃねぇ?
って思わせるくらい凄い。

Heddon Fly Rod がずばり好みなんですが、
その往年のグラスロッド群は、ざっくり云ってしまえば、
まぁどれも似たりよったり。ブランクカラーやグリップ等の
小細工で差異はあれど(それはそれで十分楽しいのだが)
大本のブランク自体は、まぁこんなもんでしょ的。

このプロウェイト。違います。
まぁず軽いです。フェルールもすぽっと入るし、
言うなれば Fenwick のグラスロッドに寄ってる気がします。
ブランクはイエロー。筆記体でネームが入っておしゃれです。
ファイバーグラスロッドの持ち味というか、個性という点ではFenwick に寄ってしまった分薄れるのですが、Fenwickに近いけど、しっかり Heddon Fly Rod なんだ、という点がミソです。

ちなみに入手したコレ。グリップのラッピングも、セールタグも付いたままの未使用デッドストック品。
どうもこの年代モノを新しくおろす、というのはある意味ふんぎりがいります。
しばらくはフライロッドケースごと時代を感じ、出しては見、見てはしまう日々を過ごしそうです。
[PR]
by strum0411 | 2009-08-04 23:02 | Fly Rod | Comments(0)

Actionglas Model 1580 - 8'

d0145806_21372493.jpgActionrod で有名・人気メーカーのフライロッド。
もちろんすぐに飛びついた。バンブーから
ファイバーグラスへの素材移行は、当時のフライ
フィッシャーにどう受け止められたのか知らない
けれど、フライラインの乗りを重視するアングラーは
バンブーに近い乗りを体感できていたのかどうか。

当グラスロッドはバンブー塗装。
素材は変れど、見た目にバンブー。当時新素材に
抵抗があったバンブー派アングラーもこれで
グラッときた・・・のかどうか。
[PR]
by strum0411 | 2009-06-06 21:47 | Fly Rod | Comments(2)

SVANGSTA

d0145806_225472.jpg

今回はUKからフライロッドが届きました。

なになに?
[PR]
by strum0411 | 2009-05-27 23:00 | Fly Rod | Comments(8)

Betts No. 31F

d0145806_13241356.jpg


Betts とはあのBettsです。だから、これでBetts のポッパーがヒュ~と飛んでいくのです。
Bettsのポッパーが飛んでいくように作られたのだろうから、最適で無い訳が無い。
我ながら、良いファイバーグラスフライロッドと出合ったものだと思います。(^^)
[PR]
by strum0411 | 2009-04-21 13:32 | Fly Rod | Comments(2)

TRY Me その2

d0145806_10461688.jpg


”RUST PROOF STAINLESS WIRE-WRAP” とあります。
非常にユニークな仕上がりを見せております。
感服いたします。

さすが Heddon.
[PR]
by strum0411 | 2009-04-20 10:50 | Fly Rod | Comments(0)

TRY Me

d0145806_23281464.jpg

その前に、このグリップにあるシール剥がさなきゃな。
[PR]
by strum0411 | 2009-04-19 23:33 | Fly Rod | Comments(0)

EAGLE CLAW DENCO Fly Rod 8A-7 1/2

d0145806_9182522.jpg

8ft以上ある長いフライロッドが好き。そいつをクイクイッと振ってラインが伸びていく様が好き。
このロッドは7 1/2ftの5番のグラスロッド。使った感じは悪くないのだが、好みの問題が生じていた。
つまりはドーンと遠くに投げるタイプではなかった、という事。そこそこの距離、アキュラシーとか
そういう言葉ならすぐ浮かぶ感じ。

ボート釣り、オーバーハングの隙間に通す必要があった際に、このロッドが思いの外使いやすい事に気が付いた。
7 1/2ftがショートロッドになるのかは知らないが、ロッドを振る感覚としてはだいぶ短い。ルアーロッドを振っている気さえする。
それはつまりショートレンジのオーバーハング下にバグを突っ込む事に適していた。これは見直した。
元々のんびり遊びでやっているギルバギングだから、その専用ロッドにしてしまっても良いくらいだ。
もっと絞り込めば、一碧湖ボート釣り専用ロッドと云っても良い。
[PR]
by strum0411 | 2009-04-13 09:35 | Fly Rod | Comments(0)

Betts No.

今年最高に嬉しかった買物の1つ・・・
d0145806_23331698.jpg

[PR]
by strum0411 | 2009-03-17 23:32 | Fly Rod | Comments(0)