Lake-side Wanderer

カテゴリ:Fly Reel( 16 )

PFLUEGER SUPREME 577 DA

d0145806_21304264.jpg前から気になっていたフライリールをようやく手にする事ができた。僕の
バスフライリールの決定版。アンチ
リバース、ドラグ&レリーフ。
造形もずっしりした重さも、まさに
パーフェクトのベタ惚れリール。
[PR]
by strum0411 | 2017-01-08 21:35 | Fly Reel | Comments(0)

Berkley 500

d0145806_2210312.jpgついに僕の愛するフライリールを新品同様のカード付で手に入れてしまった。。

いや、これをフライリールと呼んで良いのか?

その疑問は、ここに解かれた。

『Cane Pole Reel 』と謳っているではありませんか。

イラストで『浮き』が描いてあるではありませんか。

近所の野池のエサ釣り、って感じがプンプンします。

それでも、この記述を見逃してはいけません。

" supplementary fly reel "

補助的扱いとはいえ、フライリールでもある、という訳
です。

兎も角も、とても良い味を出しているリールである事に
変わりはなく、

個人的に僕は、すごく良いリールだと思っております
[PR]
by strum0411 | 2015-02-07 22:19 | Fly Reel | Comments(0)

Daiwa 730

d0145806_1731317.jpgダイワ精工株式会社は、2009年10月1日
より「グローブライド株式会社」に社名を変更
いたしました。


ダイワ精工の釣り具の魅力とは何だろう、と
考えてみたのだが、何だかよく分からな
かった。やはり西山キャスターの影響
かなぁ?当時の製品戦略が僕のルアー釣り
に対してのツボだったのかなぁ。

Daiwa 730 は80年代のフライリール。
別に高級路線を狙った訳でなさそうで、
それなりの造りだとは思うのだが、その手の
役割はやはり国産物が担っていたのかな?d0145806_17451673.jpg




チープ感溢れるこの感じが今の僕にはたまらないんだけど、
クリック音もしっかりするし、何よりやはり
『ダイワのマーク』が光っているよね。

何故かこのマーク見ると、ときめいちゃう(?)んだな。
[PR]
by strum0411 | 2013-12-10 17:51 | Fly Reel | Comments(2)

Berkley 500

d0145806_11571383.jpgプラ、というと今は陳腐だが、

ナイロンなり何なりの新素材、

という表現でフライリールの

プラ化は一時期確実にあったのではないか。

製品としての少なさは、

それが永続しなかった歴史そのもの

なんだけど、僕はなんともこの

可愛らしいフライリールが大好きな訳で、

ホントいい味だしていると思う。

d0145806_1225436.jpg
[PR]
by strum0411 | 2011-04-22 12:06 | Fly Reel | Comments(8)

Weber No.500

d0145806_20314545.jpgd0145806_2031539.jpg












ツルっとしてるっしょ。

複雑な造形、きらびやかでゴージャスでメタリックな質感・・・の真逆。

時代は1953年。
これがデュポン・モールドでセンセーショナルだったのだ。
なにせ壊れない!反らない!錆びない!腐食しない!って云ってね。

僕はコレ好きだよ。こんな21世紀のフライフィッシング・シーンでも僕はコレ好きだよ。

だから、もちろん使うよ。この地味~な色が・・いい味だしてる。

d0145806_20424646.jpg

[PR]
by strum0411 | 2011-01-23 20:43 | Fly Reel | Comments(6)

Bronson Royalist 370

d0145806_200417.jpgBronson だの J.C.Higgins だのと
かじった人には判る定番どころ。これに魅かれる。
もともと古い釣り道具ばかりに魅力を感じる人なんだから、
こういうフライリールが素敵と思わない訳がない。

冬に仕入を楽しんで、さぁ3月だ。
これらを持っていよいよフィールドに出かけよう!
[PR]
by strum0411 | 2010-03-02 20:06 | Fly Reel | Comments(2)

South Bend 1142

d0145806_16254471.jpgバーン、と真ん中に刻まれた文字と
このリール色で決定的な個性を打ち出せる
シンプル極まりないフライリール。

『1122』より少し大きな『1142』。

ベロンと重いグラスロッドに装着する予定なのだから、
『1122』でドンピシャ。
『1142』の大きさで少し個性主張を演出できる・・
ような気がしている。

やはりタックルの持つ雰囲気は大切な要素たる世界ですから。
[PR]
by strum0411 | 2010-02-25 16:35 | Fly Reel | Comments(2)

South Bend No.1180 Model A

d0145806_23135941.jpgこのベローンと伸びた特徴的な金属片。

それよりも、以前から気になっていて、
ずっと解明できなかったリールシートの取り付け位置。
最近やっと理解して、理解したら無性に欲しくなって、
それで手にしたしだい。

こいつがロッドにピタリと貼り付く姿は、見物です。

どえ~っ!と最初は思ったけど、アリだと思います。
太鼓は寝ててもいいんですね。自由自在だな。
[PR]
by strum0411 | 2009-10-17 23:21 | Fly Reel | Comments(0)

True Temper VISA-MATIC No.85

d0145806_9164617.jpg向こうにあって、こっちに無い物。
ライン格納庫の形状と発想は、もっと自由でいい。

穴あき芸術度完全放棄。玄人っぽさゼロ。
楽しくいこう!

レバーひとつでツルツルツルーっとね。

It's automatic !

d0145806_9454860.jpg
[PR]
by strum0411 | 2009-10-15 09:29 | Fly Reel | Comments(0)

Heddon Fly Reel #300

d0145806_2075348.jpg

へドンカラー・・なんだろうね、この緑色は。
そうしてそのへドンカラーに包まれたへドンのフライリール#300が届く。

見る人が見れば、すぐHardyのコピーだと判ってしまう。リールフット裏にJapanとある。
駄目なへドン、必至なへドンがそこにはある。総合釣具メーカーの茨道。
ヘドンブランドはそれを許した。日本で作らせたコピー商品に自社ブランド名を。

ちょっとちゃちいがこれもまぁ雰囲気だ。
僕は個人的に好きだからまったく許してしまうし、毛嫌いなんか、しない。




d0145806_20323257.jpg

[PR]
by strum0411 | 2009-07-10 20:18 | Fly Reel | Comments(4)