Lake-side Wanderer

<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ニンフの森

d0145806_23471688.jpg

    ニンフの森は何処にある

    ニンフの森にいざなわれ

    心を惑わす事もなく

    何ら望みは叶いはしない

    そんな事

    きっと思わなくて済むだろうと

[PR]
by strum0411 | 2008-03-30 23:52 | 随想

basket

d0145806_21514452.jpg

バスバグどうのこうのと云いながら、現在私の持つFF最新アイテムは、このカゴです。

シンキングラインを使用した釣りをウェーディングでやる
⇒リトリーブしたラインは巻いた先から足元に沈んでいく
⇒⇒次のキャストの際、当然投げづらい
⇒⇒⇒カゴ

という訳です。納得。っつうか、カゴ必要なの知らんかった。

こういう釣り道具が宅にドーンと置いてあると、他アイテムより妙にこう、フライフィッシャー
になったんだなぁ、という実感が出てるのです。

ちなみに鬼のツノのようなものがニョキニョキ生えたタイプ・・
あちらの方が使い勝手よさそうですけどね。
[PR]
by strum0411 | 2008-03-29 21:59 | 日々

紫外線発射装置

d0145806_23285094.jpg仕事中に背筋を痛めてしまった。
それで休日の今日はフライショップで買物、とする。
行った先は相模大野のバートンさん。
用事としてはシンキングラインを購入する事。
でもそれは単なるきっかけで、客は自分一人だったのを
いい事に、FFおデビューを終えた後の抱えていた質問を
店主にぶつける。話は尽きず、そして当方には収穫多し。
+楽し。

実はネイルノットでさえ悩みの1つだったのだが、
Micro-Loopsというフライラインとリーダーを結合させる
小道具を勧められ、納得して購入する。だから、フライラインを
買いに行って、UV LEDだって買ってしまうのです。
[PR]
by strum0411 | 2008-03-28 23:42 | 日々

GAINES : Sneaky Pete

d0145806_2194767.jpg

Betts もいいですが、GAINES のフライも最高です。
名前も付いててパッケージ入り。Made in USA !
形も色も大きさも、実に完成されているよう。

"Great for Panfish, Bream & Bass"とある。
Bream って何?と思い辞書引いたら ”コイ科の淡水魚” だそうで。
向こうでもコイをフライで釣る文化・・あったんか!?
[PR]
by strum0411 | 2008-03-27 21:09 | BUG/POPPER etc

Cortland Learn-to-Fly-Fish-Outfit

     d0145806_12295563.jpg
d0145806_12301486.jpg








d0145806_1231370.jpgd0145806_12312033.jpg









送り返す前に画像撮っときました。
いつの時代の物か知れないが、たぶん未使用品。
使い物になるかは別として、かなりいい味出してました・・・・。
[PR]
by strum0411 | 2008-03-26 12:34 | 日々

~こんな ebay seller は嫌だ~

d0145806_21535875.jpg

自分が欲して落札したのは FENWICK のグラスロッド。
そして今日届いたのは、CORTLAND のいかにも初心者向けの
フライフィッシングタックルセット・・・・もちCORTLANDのライン付き・・・・・。

なんでこうなるかっ!(

アイテム不着はごく稀に有。
でも、こんなあからさまに違うアイテムが届くのは初めて。
おいおい、しっかりしてくれよー。評価も800以上でほぼポジティブ100%の
セラーだけに、残念残念残念!!!

そして速攻、どうすんねん!とメールで問い合わせ中。

今後の顛末やいかにっ!
[PR]
by strum0411 | 2008-03-25 21:59 | 日々

Hello, 強風波浪

d0145806_1029542.jpg

せっかくのお休みもこの風ではお手上げです。
今日は釣りに行くな、と地球さんが云っているのでは仕方がありません。
平塚市美術館(河野通勢展開催中)に行って、その足で厚木のWild-1に寄ってこよう
(アウトドアグッズショップをブラブラするのは楽しいです)。
[PR]
by strum0411 | 2008-03-21 10:33 | 日々

通じる所、通じない所

d0145806_2219093.jpg

これは私のバスフィッシング・スタイルにしかと根付いてしまっている部分なのですが、
とにかく私は、考え方が甘い!のです。実はこれが実生活方面でも大いに姿を見せている
訳でして、私の性質ありきのマイ・バスフィッシング・スタイルなのかもしれませんが、
とにかく用意周到をしないのです。ナメてかかっているのです。
ナメてナンボだったりするのです。(少し反省、少し意固地。)

芦ノ湖でFFおデビューしてきた訳ですが、では目的は何だったのか。
キャスティング・バスバグ・ストリーマーというキーワード。
ブルーギル、バス、レインボートラウトという対象魚。
グラスロッド1本、WF7F巻いたリール。
遠投をするという事か?キャスティングを繰返し繰返しアタリを探るという事か?

違うんだな。

まず対象魚を絞れ、という事。そしてそれなりのタックルを準備せよ、という事。
それを怠っているおデビューアングラーにお魚が針にかかる訳がないのです。

さすがに周囲をよーく観察。
釣っている人は、(あたり前だが)釣れる道具を使っている。
流行(?)のシューティング・スペイ(らしき)はあまりに見事だった。
それは選ばれたロッドであり、ラインであり、フライである訳だ。
個々の経験値+チャレンジしている姿。

グラスロッド1本、WF7Fにボロボロのキャスティング技術。
芦ノ湖でトラウトをウェーディングで狙うなら、はっきり云って軽量な
グラファイトロッドが欲しい。それに対象魚は表層にいないようだし、
シンキングラインだって選ばなくてはいけない。

つまり、俺は芦ノ湖に何しに行ったのか?という事なのだが、
上記をしっかり噛み締める為に行ったようなものか。

道具に走る必然を赦したまえ。

(& ローマは1日にしてならず・・。 )
[PR]
by strum0411 | 2008-03-20 22:21 | 日々

2008-3-18 芦ノ湖

d0145806_1930939.jpg

人生初のフライフィッシングを無事芦ノ湖で済ませてきました。
魚?私のビギナーズラックはそれ程強くありません。
フックが顔に刺さらないで帰ってきただけでも、良しとしましょう。

なにせキャスティング練習なしで挑んだ釣り場ですから、最初から戸惑いの
連続です。ああ、フライライン、太いぞ、重いぞ、ルアー釣りと違うぞ!
そこに見えるバスバグを思わず竿だけ振って、ピュッと飛ばしたくなる・・。
おっと違う違う、ラインを飛ばさなくてはいけないんだ・・。
卓上で鍛えられたイメージなぞ、現場では意味をなさないのです。

ライン?はい、それは絡みましたね。修復の時間のなんと多かった事。
ルアー釣り初期を思い出しましたよ。
後ろの木にフライ引っかかった?はい、見事に。
トライ&エラーを繰り返して学習していくんです。

午前中~昼すぎまで、もう魚は気にせず(!?)、キャスティング練習に打ち込む。
10回、いや、20回に1回、うまくラインが出てる時がある。
ラインのスピードという意味を体で理解してくる。
ロッドティップを意識して振る。
加速する、しっかりと適した角度でロッドを止める。
天を仰いで。力まないで。
そう、そう、そうやって・・・・おりゃーっ!

って、10mくらいしか飛んでないんですけどね(大汗)。

ちなみに周囲に人の気配なし。
このドタバタをご覧は神のみぞ知る、という訳だ。
d0145806_19451229.jpg

休憩挟んで、風向きのよさそうな湖尻へ。
適度の間隔を取ってアングラーがキャスティングを繰り返している。
まぁ綺麗に見事にラインが遠くに伸びていく事。
そしてその時私は、すでに右手握力の限界近く。
リズムが崩れ、ボロボロのキャストの結末はごちゃごちゃのライン玉。
それは無駄な体力消耗ばかりだったろう。
初回で効率よくなんてできる釣りじゃない。

リーダーがどんどん短くなる。
ティペットは湖で6Xなんて細すぎだ。プチプチ切れる。
フライラインを飛ばすのだが、それが目的じゃない。リーダーとティペットの
先に結ばれたフライまでうまく力を伝達せにゃーならんのだ。
そして着水したフライをアクションで誘わにゃならんのだ。
あわよくば釣れたなら・・いや、釣りをしに行っているのだろう。
何なのだ、何なのだ!

という訳でFF実釣デビューを終えました。
うまくできない事の修正を自分で行う、うまくできる範囲をコントロールする、
そして思い通りに魚を釣る、そうなればどんなに美味い空気が吸えるだろう、と
思った訳です。

楽しむ余裕は・・無かったかな。
きっと徐々にできるようになるさ。
[PR]
by strum0411 | 2008-03-18 19:57 | Angling

South Bend 1122

d0145806_1216696.jpg

憧れ。形から入っている例の一つになるだろうが、そんな事どうでもいい。
この独自な小豆色のSouth BendのFly Reelを装着して、FFをしたい。
その気持ちを押しとどめる必要は、ない。
リールフット裏には、予想を反し「Japan」の刻印。
「お帰り」という訳か。バスバグのきっと似合うこのリールよ。
[PR]
by strum0411 | 2008-03-16 12:22 | Fly Reel