Lake-side Wanderer

キャスティング 遠い思い出編

今でこそ頭で別の事でも考えながら、よっこらせとばかりにルアーをキャストするのは
容易いが、やはりベイトキャスティングリールを初めて手にした当初は、無駄に新品の
ライン(ストレーン)をバックラッシュで多く失ったものだ。

つまりはキャストの何たるかをまったく知らなかった訳だし、リール性能の何たるかを
知らなかった訳だし、ロッドアクションの何たるかを知らなかったという事。

d0145806_22583580.jpgTB誌No.25の投稿欄にある記事「快汗!バス体験」は
私の友達が書いたものなのです。
(この古雑誌を所有している人は、
ひっぱり出してご一読あれ!)
当時はリアルに少年だったから、小細工一切なし。
つまりは近道を選ばなかった、という事。
ルアーを遠くに的確に飛ばすにはどうしたらよいのか。
それはひたすら投げて練習をした。
田んぼで湖で投げて投げて投げ倒した。
魚は釣れずとも、投げた投げた。
数年後には愛機ダイワ・マグサーボに不具合が生じるくらい投げた。

今は大人だから、邪心がある。効率を考え、スマートな見栄えたる虚勢を張ったりする。
フライをゼロから始める事は、それにしても、やはりあの田んぼでキャスティング練習した
光景の再現ではないが、外見の恥じもへったくれもなく、それを認め、キャスティング練習に
打ち込まなければ上達の道に近づかないという事か。確実にそうなのだろう。

楽しい事じゃないか!
[PR]
# by strum0411 | 2008-01-13 23:15 | 日々 | Comments(0)

Something New in 2008

d0145806_16533225.jpg

保守的な発想や行動に落ち着いていないか。
避けられない喪失感だけを残す訳にはいかない。
HOPE。マンネリじゃない。円熟味を増したから、
愈々これに手を出す。

フライフィッシング。
人生は時に何か新しい事が必要なんだ。

まずは湖でやるフライフィッシング。
ルアーはずっと優先順位の高い趣味として継続してきた。
フライは魅力が無かった訳ではないが、あまりにルアーに夢中だった。
ルアーは止めないし、この先もずっと好きだろうと確実に思う。

フライの入る余地は、正直大いにある。
例えば陽が高くなった時の5/8ozプラグの無力感。
そこにフライな訳だ。

フライフィッシングに関する私事 :
知識・・・無し
道具・・・無し
予算・・・けっこう少ない
HOPE・・・(ワクワクしながら)拡大中


(画像は Fred Arbogast カタログより)
[PR]
# by strum0411 | 2008-01-12 17:18 | 随想 | Comments(2)