2018-08-10 琵琶湖

7月中旬からの梅雨明け~連日の猛暑にやられっぱなしで、
水温は30℃超え。そんな状況でバスをどう釣る?

熱風吹く昼の釣行は危険レベルと判断。
17時以降の夕暮れ釣行を重ねていたのですが、
いまいち釣れないし、魚っ気ないしで涼しくなるのを待っていました。

色々情報を集めると「夏は朝マズメの方が吉」との事。
眠い朝は苦手ながら、4時11分起床で湖畔でフローターの準備しました。
このひと手間で釣れると信じて。

おかっぱりではキャストが届かないくらいの沖に出てみると、
バスのボイルが見られましたので、ヒョイとバスバグ投げてアクションつけると、
すぐにバフッとバイトがありました。

「なるほど。これは釣れるよねー。」って感じですが、運が良かっただけかも。
でもバスバグでしっかり釣った感があり嬉しい。手ごたえも十分でした♪
釣れる時はあっけなく釣れるもんですね。46cmの口に傷があるバスでした。


d0145806_21021887.jpgd0145806_21023124.jpg

[PR]
by strum0411 | 2018-08-10 21:05 | Angling

フライでブラック&ブルー


by strum0411
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31